初秋の睡蓮沼

八甲田山の標高1000mにある睡蓮沼は、その名の通りエゾヒツジグサという睡蓮が自生している沼です。

初秋である9月上旬では睡蓮を見ることはできませんが、秋が日に日に深まり色づき始める八甲田の山々を一望することができます。

国道103号線沿いの傘松峠の先にあります。

imgp6286

階段を上がると睡蓮沼のデッキがあります。

この時期は沼の周りがススキで覆われていますね。

imgp6287

東屋があります。

ここで休みながら、山々をのんびりと見ることができます。

img_7306

睡蓮は咲いていませんが、水面に映る木々や空が綺麗です。

imgp6288

デッキから見る八甲田の山々。

左から、硫黄岳、大岳、小岳です。 img_7310

雄大にそびえる、高田大岳。

水面に映る姿も特徴のある、きれいな三角ですね。

img_7303

Sponsored Link

2016年09月13日 | Posted in Sightseeing | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA