雲海に浮かぶ岩木山

秋晴れの早朝に八甲田へ登ると幻想的な景色に出会えることがあります。

青空の下、雲海が広がり遠くの山々まで見渡すことができます。

仙人岱からの大岳山頂までの急登の途中から景色が一気に広がります。

津軽平野にかかる雲海に岩木山が浮かんでいるようです。

imgp5100

大岳山頂からはさらに、周辺の山々が見えます。

岩木山の左側に見え隠れしている山は白神山地です。

imgp5104

手前に見える山が硫黄岳、その向こうが南八甲田連峰。

さらにその向こうに見える山が、岩手山と八幡平、森吉山まで見えます。

写真では分かりづらいですが、左側には早池峰山も見えています。

imgp5103

北八甲田の峰々も幻想的に見えます。

右から、小岳、高田大岳、雛岳です。

imgp5107

駆け足で秋が進んでいます。

下毛無岱は見頃を迎え、地平線には雲海が広がっています。

なんとも不思議な光景です。

imgp5110

早起きは辛いですが、早朝の登山でしか出会えない景色を見に行きましょう。

 

Sponsored Link

2016年10月09日 | Posted in Trekking | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA