南八甲田の名瀑、松見の滝を目指して

日本の滝100選に選ばれている、南八甲田の名瀑です。

奥入瀬渓流の支流にあたる、黄瀬川上流にあります。

今回は沢登りもするルートで歩きます。

まずは、工事用車両も通る林道をひたすら歩きます。

RIMG0884

歩き始めておよそ1時間半で、トンネルが現れます。

ちょっと雰囲気が怖いです。

RIMG0898

トンネルを抜けてさらに30分程度いくと、取水している水門に出ます。

ここから沢を登って行きましょう。

RIMG0899

水門近くは大きな岩がゴロゴロしています。

RIMG0900

沢を歩き始めてから、1時間半ほど来ました。

この辺りになると、雰囲気が変わりますね。

木々の緑と水面の緑が綺麗ですね。

RIMG0911

柱状節理の不思議な壁もあります。

RIMG0913

歩き始めて3時間半。松見の滝に到着です。

圧倒的なスケールです。

RIMG0917

落差50mで2段になっています。

2段目の途中まで近づいてみました。

クライミング的にいうと、スラブを登って行きます。

RIMG0922

横から滝を見てみました。

RIMG0921

帰り道は林道を歩いて行きます。

青森では少し珍しい、ブナとスギの共演です。

RIMG0926

帰り道もこれまた長い。

RIMG0930

帰りは早足で歩いて、2時間20分でした。

普通に歩いて3時間以上はかかるでしょう。

長い道を歩いてでも、見ごたえのある素晴らしい滝です。

Sponsored Link

2017年09月10日 | Posted in Trekking | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA