自家製ベーコンを作ってみた

IMG 4552

八甲田山ガイドクラブではグリーンシーズンにキャンプに出かけて、焚き火料理を作ったり、燻製をしたり様々なことをします。

特にガイドchuheiさんが上手なんです。

自分も上手になるべく、燻製を練習してみました。王道のベーコン作りをやってみました。

昨年から何回か作ってみてるのですが、少しずつうまく作れるようになってきたので、紹介します。

本格的な道具は何も使わずに、ホームセンターで売っているもので誰でもできる方法です。



自家製ベーコンを作ってみた


IMG 4532

▲使用しているスモーカー

ホームセンターのアウトドアコーナーに行くとだいたいあります。

IMG 4534

▲熱源は炭を使用しました

炭に手軽に火をつけるためにガスバーナーを使っています。

IMG 4539

▲炭に火をつけたら早速お肉をセットしましょう

今回は豚バラとモモで作ってみます。このお肉は1週間ほど塩漬けにしていました。

ちなみに、塩漬けのレシピは今回は割愛します。

IMG 4540

▲スモーカーの蓋をしめて加熱スタート

まずはスモークせずに熱でお肉の水分を飛ばしてあげます。

IMG 4543

▲温度管理がとても大事です

温度はおよそ70℃で作ってみました

ここからが長いですよ。この状態で90分〜120分程度加熱します。温度はできるだけ一定に保ちます。

IMG 4546

▲120分ほど加熱した状態

表面の色が変わっています。この状態になったらスモークしていきますよ。

IMG 4545

▲ブロックタイプのスモークウッドを使います

IMG 4547

▲ウッドに火をつける時もバーナーを使うと楽です

IMG 4548

▲炭とウッドをスモーカーに戻します

また、ここから長いです。

セットしたウッドは60分〜90分ほどで燃え尽きます。この時の温度も70℃でやってみました。

できれば、ウッドが燃え尽きた後も熱源は取り除かずに、さらに60分〜90分ほど加熱することでお肉の中まで火が通ります。

IMG 4552

▲スモークが終わったお肉がこちら

ここまでおよそ5時間かかりました。しっかりと中まで火が通っていますね。でも、まだ時間が必要なんです。

出来立てよりも、一晩寝かせて熱をとってあげた方が美味しくなるんです。

食べたい気持ちを抑えて冷蔵庫へ。

IMG 4556

▲完成です

左がモモ、右がバラです。モモは少しハムのような食感にもなりますが、脂が少なめなのでそのままでいくらでも食べられます。

バラもそのまま食べて美味しいですが、脂が多めなので料理に使うのもありです。

まあ、どちらもおつまみに最高ですよ。

 

これまで何回か作ってきた中では、上手に作れました。

紹介していなかっただけで、実は何回か失敗しているんです。火が通っていなかったり、逆に温度が高すぎて焦げたり。

これからも、たまに燻製の練習を紹介していきます。

キャンプで披露できるようになりたいですね。

Sponsored Link
2018年06月01日 | Posted in Gear | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.