八甲田登山道情報(2018.6.4)八甲田ゴードライン

IMGP1814

八甲田ロープウェイ山頂駅周辺の遊歩道を八甲田ゴードラインと呼ばれています。

残雪の状況を確認するため、1時間コースを歩いて来ました。

登山道上の雪はほとんどなく、春の花が咲き始めていました。

標高1300mのこの場所はようやく春らしい爽やかな風が吹いていました。


八甲田登山道情報(2018.6.4)八甲田ゴードライン


IMGP1808

▲緑が生い茂る山麓駅

ついこないだまで真っ白で毎日吹雪だったのが、こんなに緑になるんですね。

毎年見ていても、そんな気持ちになります。

IMGP1810

▲昨年8月に完成した展望デッキ

全て青森ヒバで制作したそうです。車椅子の方でもデッキから毛無岱を見ることができます。

IMGP1811

▲左から赤倉岳、井戸岳、大岳

ここからゴードラインを歩いていきます。ひょうたんの形をしているので、ゴードラインと名付けられたそうです。

全て歩くと1時間ちょっとです。30分コースもあります。体力に合わせて散策しましょう。

IMGP1812

▲アオモリトドマツの中を歩きます

予想以上に登山道は雪が解けて歩きやすいです。

IMGP1814

▲田茂萢湿原の展望デッキからみる景色

春スキーの時期は毎日歩いているこの場所もすっかりと雪が解けて池塘が現れています。

IMGP1819

▲雪が残っている場所があるので注意

始めの展望デッキと2つ目の展望デッキの間にある階段付近はまだ雪が残っています。

とても滑りやすいの注意してください。

IMGP1822

▲赤倉岳へ行く登山道との分岐

この分岐を左に行く方が赤倉岳山頂へと向かっています。

ゴードラインはこの分岐を右に行きましょう。

IMGP1823

▲分岐を曲がるとニセタモを登ります

雪は多く残っていますが、登山道上はほとんど残っていません。

IMGP1825

▲ニセタモから田茂萢岳山頂方向

この道にも少し雪が残っています。雪の上を歩くときは慎重に歩きましょう。

IMGP1830

▲田茂萢岳山頂付近

山頂付近はまだ雪が少し残っていました。登山道を外れる恐れはありませんのでご安心ください。

この場所はいつもスキーをつける場所ですね。

IMGP1834

▲ノウゴウイチゴの花

山頂付近で見つけたノウゴウイチゴの花はちょうど見頃でした。

この後にきっと実をつけるはずでしょう。

 

青森市内ではここ数日汗ばむほどの陽気ですが、八甲田は涼しく気持ちいい風が吹く散策でした。

八甲田ゴードラインはこれからたくさんの春の花が咲き始めます。

花や景色を見にお越しください。

Sponsored Link
2018年06月04日 | Posted in Trekking | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.