出かける前にやっておこう。バーナーのメンテナンス

IMG 4625

そろそろ夏山シーズン本番を迎えますね。出かける前にアウトドアで料理をする時に必要なバーナーのメンテナンスを実施しておきましょう。

特にガソリンを使用するバーナーは年に一度はメンテナンスをしておきましょう。

MSRウィスパーライトインターナショナルをメンテナンスしました。


バーナー本体のメンテナンス


IMG 4618

▲バーナー本体はたくさんのすすがついています

IMG 4621

▲手が真っ黒になってしまうので、軍手をつけてやりましょう

雑巾で簡単に落ちます。

IMG 4623

▲左がすすを落とした足

拭くだけでこんなに綺麗になります。一度使うとすぐに黒くなってしまいますが、こびりつく前に実施しておけばずっと綺麗なままですよ。

IMG 4625

▲バーナー本体からノズルを取り外します

バーナー下についている小さな受け皿を外すと、ノズルも簡単に外すことができます。

IMG 4631

▲ノズルの中のワイヤーを拭きます

付属しているジグを使って引き出します。引き出したら雑巾などで汚れを拭いてあげましょう。

拭いた後は、ワイヤーを戻しつつ何回か往復してあげるといいでしょう。

IMG 4632

▲噴出口も取り外して拭きます

右側の小さいパーツの先はニードルになっています。この部分を使って、噴出口のつまりを解消させます。

無くさないように注意しましょう。


ポンプのメンテナンス


IMG 4620

▲汚れはひどくありませんが、ゴムパッキンなどを見ておきましょう

IMG 4627

▲ノズル接合部はジグをこのように使ってひねれば外れます

IMG 4626

▲ピストン部とノズル接合部のゴム部品を確認します

パッキンなどは割れておらず、状態は良好です。

IMG 4628

▲バルブ部を外します

IMG 4629

▲バルブの中にもゴムパッキンがあります

この部分も忘れずに確認しましょう。


点火確認もやっておきましょう


IMG 4633

▲最後は点火してみましょう

最後は念のため、実際に点火してみましょう。安定した炎が出るか、異常音はないかなど確認しましょう。

これから夏山などで活躍する機会が多くなる道具です。

出かける前に、メンテナンスをめんどくさがらずに実施することでフィールドでのトラブルやアクシデントを最小限に抑えられます。

今回実施した内容は難しいものではなく、MSRのホームページでも紹介されています。

大事な道具を長く使うためにも、メンテナンス実施しておきましょう。

Sponsored Link
2018年06月11日 | Posted in Gear | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください