日本一小さいトンボ、ハッチョウトンボに出会った

IMGP2113

雨上がりの田代湿原で日本一小さいと言われているハッチョウトンボに出会いました。

なかなか写真だけではサイズ感が伝わりづらいのですが、貴重な写真です。

サイズはおよそ2cm程度です。だいたい1円玉くらいです。



ハッチョウトンボに出会った


IMGP2108

▲葉っぱの上に止まるハッチョウトンボ雌

はじめは近くを虫が飛んで行ったな、ぐらいの感覚でした。湿原にはルリイトトンボやカオジロトンボが飛んでおり、シャッターチャンスを伺っていました。

なかなかルリイトトンボがいい場所に止まらないと思い、周りをキョロキョロしていると、ん?なんだあれという感じです。

レンズをズームして見ると、トンボではありませんか。そっと近づいてみました。

IMGP2113▲キンコウカの花に止まっています

なかなかサイズを伝えるのが難しいですね。日本一小さいと言われています。

キンコウカの花のサイズが分かれば、この写真でとても小さいことが分かるはずなんですが。2cmくらいです。一円玉くらいといえばわかりやすいでしょうか。

雌のハッチョウトンボですね。

IMGP2117

▲バックショットもしっかり

そっと息を潜めて、たくさん写真を撮りました。バックショットもいただきましたよ。

少し興奮してしまいました。


まとめ


田代湿原で初めて出会いました。今までは、色鮮やかなトンボばかり目が行っていましたが、もっと凝らしてみなきゃいけませんね。

貴重な写真を撮ることができました。また行ったら会えるかな。

Sponsored Link
2018年07月12日 | Posted in Trekking | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください