目指せ!御鼻部山!ベリーハードな藪漕ぎ

RIMG4874

なかなか行けずにいたベリーハードな藪漕ぎに行ってきました。それはもう、本当にベリーハードで。

早朝出発だったのに、気づけばヘッドライトで歩いていました。

最初に言っておきます。道じゃないですよ。



目指せ!御鼻部山!ベリーハードな藪漕ぎ


RIMG4851

▲猿倉温泉の登山口から出発

早朝5時半に猿倉温泉の登山口から出発です。やっと明るくなってきたくらいの時間です。

RIMG4852

▲朝日が差し込んでとても綺麗な森

櫛が峰、御鼻部山分岐までは旧道ルートを歩きます。

RIMG4853

▲ヤビツ萢は草紅葉

ほぼ色づき始めていました。紅葉はまず草紅葉から始まります。

RIMG4864

▲櫛が峰と御鼻部山の分岐

ここまではかなりハイスピードで歩いてきました。3時間45分でここまできました。

道標はさらにボロボロになっていました。熊の仕業でしょうか。

RIMG4865

▲藪漕ぎの準備

さあ、ここからが核心部分です。これから始まる藪漕ぎに備えて安全メガネと手袋を装着です。

木の枝やササが目に刺さる恐れがあるので、目の保護は必ずしましょう。

Cab321e06ed6d1028019e99b1adb7076f 19126307 180913 0106

▲カッコつけてみました

笑われましたが、僕はいたって真面目にこの格好ですよ。ゴーグルが良いんですよ。

Cab321e06ed6d1028019e99b1adb7076f 19126307 180913 0104

▲全然道がない

分岐から3時間はずっと道がない藪漕ぎです。この道をもし歩くならば、必ずガイドをつけましょう。

RIMG4869

▲枯れ木沼

途中に突然現れる枯れ木沼がとても綺麗でした。少しだけ心休まるひとときでした。

RIMG4871

▲振り返ると櫛が峰

たまに藪を抜けて湿原に出ます。そこで振り返ると遠くに櫛が峰が見えました。

この景色が最高でした。藪漕ぎで疲れてヘトヘトになっても、この景色でまた元気が出ました。

RIMG4874

▲真っ暗の中ゴール

ゴールした時間は18時半。およそ13時間行動でした。しかもしっかりと休憩は取らず、ほぼ動いていました。

さらにできる限りのハイペースで歩いてこの時間です。

さすがにみんなヘロヘロでしたが、達成感は半端なかったですね。


まとめ


やっと行くことができた、御鼻部山までの道。この機会を作ってくれたyukaちゃんに感謝。

この道は本当にずっと藪漕ぎが続くので、よっぽどの経験者と行ったほうが良いです。

夏の終わりに良い思い出ができましたね。

Sponsored Link
2018年09月13日 | Posted in Trekking | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください