いざ山越え!快晴無風のコンディション

RIMG5971

1月の八甲田では滅多にない快晴無風のコンディションです。

そんなチャンスを逃すまいと、いざ山越えです。

最高のコンディションの中、絶景の中へ滑りだすのは最高です。



いざ山越え!快晴無風のコンディション


RIMG5964

▲赤倉岳、井戸岳、大岳がくっきり

朝から青空が広がり最高のコンディションです。しかも八甲田にしては珍しいほぼ無風です。

こんなコンディションは滅多にありません。

あの峰々の向こう側へ行きましょう。

RIMG5971

▲みんなで列になって登ります

青空のもと、樹氷群の中をみんなで列になって登ります。

天気は良いですが、1月の八甲田なので気温は低いです。ジャケットを脱ぐべきか、着るべきか少し難しい天気でした。

RIMG5977

▲いつもの登る沢はまだまだ変な地形

いつも登る沢の中は雪がまだ少なくて、隠れていない樹氷もあれば、急なうねりもあって登りは少し難しいです。

RIMG5980

▲氷漬け状態の大岳ヒュッテ

やっぱりこの時期の大岳ヒュッテは氷漬けです。さすがに東側は建物の壁が見えていますね。

RIMG5984

▲高田大岳の姿もくっきり

大岳ヒュッテのある鞍部からは高田大岳の姿もくっきりと見えていました。

さあ、ここから滑る準備をして斜面へ移動しましょう。

RIMG6001

▲井戸岳の斜面を華麗に滑るhayashiさん

雪はちょっと締まった状態ですが、太陽に当たっていた割には良い雪ですね。

登りで疲れたよ〜と言いつつ攻めの滑りをしているhayashiさん。楽しそうです。

RIMG6016

▲メインの斜面を滑るokaさん

井戸岳の斜面から少し降りて、本日メインの斜面に来ました。

さあ、お楽しみの時間です。okaさんがドロップイン。

RIMG6035

▲スプートニクのendoさん

みんながいる下まで一気に滑るぞ。この尾根を下まで一気に滑りました。

気持ちよく滑り、みんなと合流する頃には足がパンパンになる程でした。

滑りごたえのある良い斜面なんですよ。

RIMG6067

▲あっという間にブナ林

ツアー終了までずっと青空に覆われて最高でした。あっという間にゴール近くのブナ林です。

本当に珍しいコンディションで大当たりの一日でしたね。


まとめ


1月とは思えない天気で思い切って山越えして大正解でしたね。

やっぱり山越えは登りごたえあるし、滑りごたえあるし特別な感じがします。

また今月に行けるかな。

Sponsored Link
2019年01月14日 | Posted in Backcountry | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください