いざ高田大岳へ!八甲田屈指の大斜面

RIMG7993

さまざまな条件が合わないとなかなか行くことができない高田大岳へ。

今回はまさに高田大岳日和でした。

八甲田の屈指の大斜面を目指してみんな頑張りました。



いざ高田大岳へ!八甲田屈指の大斜面


RIMG7968

▲まずは大岳へ

ガイドクラブのツアーの中でも最も長いルートが高田大岳ルートです。

さまざまな条件が揃わないとなかなか行けません。

さて、まずは大岳を登ります。

RIMG7977

▲大岳ココヨココを滑るnakamuraさん

ザラメがよく滑ってみんなすごいスピードです。

RIMG7987

▲小岳と高田大岳の鞍部でお昼休み

大岳を滑った後は、小岳を登って滑りました。

高田大岳へのアタック前にお昼休憩です。

この後はいよいよアタック開始です。

RIMG7990

▲板を担いで夏道を登ります

登山道に出るまでも大変なのですが、出てからは風が強いし、スキー靴で歩きづらいし大変なんです。

RIMG7992

▲今年も高田大岳に来ちゃったshinpo夫妻

もう高田大岳は引退しますと言いつつまた来ちゃった。

RIMG7993

▲全員で高田大岳ピークに到着

誰もリタイアすることなく高田大岳ピークに来れました。

さあ、この後は八甲田の屈指の大斜面が待ってますよ。

RIMG7998

▲高田大岳の大斜面へ滑り出すガイドtonoさん

トップからボトムまで標高差およそ600m行くぞー!

RIMG8000

▲gotoさんが続きます

コルドバを上手に乗りこなして飛ばしていきます。

RIMG8006

▲今年も一緒にkamataさんと来れました

昨年2人でこの斜面を堪能しました。

そのkamataさんとまた高田大岳に来ることができてとても嬉しかった。

RIMG8016

▲振り返ってみる高田大岳

この大斜面は圧倒的です。

みんな念願の高田大岳に来ることができてよかったですね。


まとめ


長い道のりを越えてたどり着いた高田大岳はやっぱりすごい場所でした。

必死になって登り、足がパンパンになるまで滑り、達成感が半端ない。

今年もそんな場所に来ることができてよかったです。

Sponsored Link
2019年05月04日 | Posted in Backcountry | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください