初夏の花がたくさん!高山植物を見に行こう

RIMG8296

八甲田山は高山植物の宝庫ということを知っていますか。

特に初夏のこの時期はたくさんの花を見ることができます。

一緒に八甲田を彩るたくさんの高山植物を見に行きましょう!ということで、見てきたお花を少し紹介します。



初夏の花がたくさん!高山植物を見に行こう


RIMG8292

▲ロープウェイに乗って田茂萢岳へ

まずはロープウェイに乗って上がります。上の方は雲がかかっていて少しどんより。

歩いているうちに晴れてくれるでしょうか。

RIMG8294

▲向かうのは赤倉岳

次々と雲が流れ込み、曇ったり晴れたりする天気の中登ります。足元はぬかるみです。

ちなみに、去年あたりから登山道の標識が新しくなりました。見えづらくなったので、新しいプレートが取り付けられました。


赤倉への登山道


RIMG8295

▲コケモモの花

赤倉岳へ登る登山道脇にはたくさんの花が咲いていました。

曇りがちの天気ですが、少ししっとりした空気がより美しく見せてくれました。

RIMG8296

▲ヨツバシオガマの群落

ムラサキ色で特徴的なヨツバシオガマもたくさん咲いています。特に赤倉岳に登る登山道に多く見られました。

これを見るために、赤倉岳の上まで行かなくても途中まで行くのもありです。

RIMG8297

▲イソツツジも見頃

まだまだ赤倉岳の稜線にはたどり着きません。だって、たくさん花が咲いているので足を止めて見入ってしまいます。

イソツツジもまた見頃です。白い小さな花がモコモコしていて可愛いんです。


赤井戸の稜線


RIMG8298

▲やっと赤倉岳の稜線に着きました

向こう側には出発してきたロープウェイ山頂駅が見えています。

雲がどんどん流れ込んできて、見えたり見えなかったり。逆に崖が見えなくてよかったかもしれませんが。

RIMG8299

▲稜線に咲く花を見るお客さん

とても花が好きなお客さんたちです。

花を一つ一つ写真に収めて、この花はなんて名前と熱心でした。

でも、注意してくださいね。そこは崖ですよ。。。

RIMG8302

▲イワカガミとミヤマオダマキ

赤倉岳と井戸岳の稜線にはたくさんの花が咲いています。

晴れていれば、景色がとてもよく気持ちいい道ですが曇りだったのでちょっとどんより。

それでも、たくさんの花で見どころたくさんです。

RIMG8303

▲井戸岳付近にはミヤマキンバイ

井戸岳近くにはミヤマキンバイが咲いています。

まだ少しだけ早いのかあまり数は多くありませんが、鮮やかな黄色で目を惹かれます。

RIMG8304

▲雲の切れ間から見えた大岳

やはり今年は残雪がまだまだあります。いつも滑っているココヨココや万年岩の下にはまだたっぷりと雪が。

流石にシュプールは見えませんでしたが、まだ滑れそう。。。


毛無岱


RIMG8307

▲毛無岱に降りてくると晴れてきた

どんよりしていた天気ですが、毛無岱に降りてくると晴れてきました。

毛無岱にも初夏の花がたくさん咲いています。

RIMG8309

▲上毛無岱にはチングルマが残っています

チングルマは春の花ですが、まだ上毛無岱には残っています。

陽の光を浴びて綺麗ですね。

RIMG8310

▲レースのような花びらをしているイワイチョウ

ヒラヒラしている花びらが特徴的なイワイチョウです。

たくさんの花をつけていて綺麗ですね。

このヒラヒラした感じが個人的に好きですね。

RIMG8314

▲池塘に咲くミツガシワ

ミツガシワはちょうど見頃です。

下毛無岱の池塘で見ることができます。

RIMG8316

▲のんびり歩いたので夕方です

花を見ながらのんびりと歩いたので薄暗くなってきました。

雨に降られることなく、いい山歩きでした。


まとめ


ロープウェイから歩く登山道には残雪はなくのんびりと初夏の花を楽しむことができました。

途中はぬかるみが多めなので、泥除けのスパッツなどは必要かもしれません。

梅雨時期ではありますが、天気がいい日を狙って初夏の花を見にきてください。

Sponsored Link
2019年07月04日 | Posted in Trekking | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください