山越え日和!標高差350mを一気に滑った

RIMG9766

朝から穏やかな天気となり、まさに山越え日和となりました。

箒場ルートの通称「正標の尾根」を一気に滑りました。

長い一本にみんな足はパンパンですが大満足の滑りとなったようです。



山越え日和!標高差350mを一気に滑った


RIMG9723

▲力強い滑りのyaegashiさん

朝から穏やかな天気となり、山越え日和となりました。

みんな最高の天気で意気揚々とツアーへ出発です。最初のニセタモの斜面を力強く滑り降りてきたyaegashiさん。

RIMG9730

▲tagamiさんも負けない滑り

いつもかっこよく写真撮ってよと冗談まじりに話すtagamiさん。かっこいい滑りをしていましたよ。

RIMG9738

▲ベクターグライドコルドバでかっ飛ばしてきたaoiさん

こんなに条件がいいことはなかなかないので、全開の滑りできたaoiさん。みんなかっこいいです!

RIMG9745

▲やっぱり氷漬けの大岳ヒュッテ

大岳ヒュッテまで登ってきました。暖冬と言われていますが、関係なく氷漬けです。

RIMG9746

▲井戸岳の斜面を一滑り

トップで滑り降りてきてみんなに連絡です。なかなかいいですよ〜。

RIMG9749

▲気持ちいいねと降りてきたikeuchiさん

少しパック気味ではありますが、みんな関係なく滑り降りてきました。

この次が今日のメインディッシュです。通称「正標の尾根」を滑ります。

RIMG9769

▲長い滑りでもがんばった山荘スタッフrieさん

すごい長かった〜と言いながらとても充実した表情の山荘スタッフrieさん。

およそ標高差は350~400mありますからね。

RIMG9766

▲今日の笑顔大賞ikeuchiさん

勝手に表彰は笑顔大賞ikeuchiさんです。ツアー中ずっと笑顔で楽しそうでした。

こちらもとても嬉しくなるほどでした。

DSC06878

▲おまけ。ニセタモの斜面を滑る自分(photo by kasai)

ガイドkasaiさんに撮ってもらいました。ニセタモの斜面を滑る自分です。

こんな僕ですが一緒に滑りませんか〜。


まとめ


まさに山越え日和となった今日はみんなの笑顔が弾ける楽しいツアーとなりました。

雪の状態もよく先日のガリガリから復活です。

八甲田は絶好調です。

Sponsored Link
2020年02月21日 | Posted in Backcountry | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください