伝統の八甲田春スキールートのポール立て

RIMG9805

毎年恒例の春スキールートのポール立て前半戦が無事に終了しました。

初日は中央ルート、2日目は大岳環状ルートにポールを設置してきました。

様々な団体、人たちのおかげで今シーズンも春スキールートを開放できそうです。



伝統の八甲田春スキールートのポール立て


RIMG9791

▲初日の出発準備

八甲田では毎年恒例の春スキーツアールートを、山岳ガイド、自衛隊や警察、市の職員などが目印のポールを設置します。

山岳スキーの歴史が長い八甲田ならではの行事です。

RIMG9792

▲ガスの中進んでいきます

初日は濃い霧に覆われて視界がありませんでした。ガイドが先頭になり、ポールを設置していきます。

RIMG9794

▲毛無岱から城ヶ倉へ向かう自衛隊

城ヶ倉のガイドhitoshiさんを先頭に自衛隊の皆さんが進んでいきます。ここまで来れば雲の下に出られてホッと一安心。

RIMG9795

▲ロープウェイスタッフtaro君も手伝ってくれました

中央ルートに無事設置をし酸ヶ湯の湯坂を降りてきました。さわやかにロープウェイスタッフtaro君が笑っていました。さすがの体力ですね。

RIMG9799

▲2日目はヤマセの中出発

ヤマセが吹き天候が厳しい条件でしたが、ポール立て作業は決行です。みんなで大岳ヒュッテ目指して登ります。

RIMG9801

▲大岳環状ルートに設置します

大岳ヒュッテに保管してあるポールを取り出し、設置していきます。標高が高い場所は雪が高くて刺すのが大変でした。

RIMG9802

▲ポール立てには山登り団体の方々も参加してくれます

毎年、山岳団体いわゆる山屋さん達も参加してくれます。ベテランの先輩方です。

RIMG9805

▲uruさんとendoさんは今年も参加

毎年必ずポール立てを手伝ってくれるフルマークスuruさんとスプートニクendoさん。

趣味と言って良いほど参加してくれていつも助かっています。


まとめ


今年も滞りなくポール設置作業が完了しました。中央ルート、宮様ルート、大岳環状ルートは3月から利用可能です。

入山する際は登山届けはもちろん、装備など整えて入山してください。

八甲田にも少しずつ春が近づいてきているようですね。

Sponsored Link
2020年02月26日 | Posted in Backcountry | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください